為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

台湾・松山の饒河街夜市に行ってきました

こんにちは、こましんです。

 

 前回は高雄にいたのですが台北に戻って来ました。

 

これからはしばらく拠点を台北にして生活をしていきます。

 

そんなわけで台北の初日は松山にある饒河街夜市に行って来ました。

  

 

まずは地下鉄で松山駅に向かいます。

 

松山新店線(Line G)の終点ですので地下鉄に入ってしまえばわかりやすいと思います。

f:id:SteveKaufmann:20180527003019j:image

 

 地下鉄の駅を出たら北の方面に向かいます。

 

饒河街夜市へは人の流れができているのですぐにわかると思います。


f:id:SteveKaufmann:20180527003037j:image

すると饒河街夜市の入り口が見えますのでここから入っていきます。

 

中央に屋台があり、基本的には右側通行ですので右側に沿って歩いて行きます。

 

日本の感覚で左側から歩いて行くとすっごく迷惑がられます(笑)


f:id:SteveKaufmann:20180527003003j:image

右手側には建物のお店、左手側には屋台となります。

 

台湾では他所のお店で買ったものを持ち込むのはOKなので疲れたら他のお店に入ってしまうといいでしょう。

 

ただし店によっては臭豆腐の持ち込みは禁止してたりします。

 

うん、あれドブの匂いするからね。


f:id:SteveKaufmann:20180527003013j:image

なんかお洒落な玉子焼き屋さん。

 

せっかくなので一つ注文してみました。


f:id:SteveKaufmann:20180527003033j:image

明太子玉子焼き75元(約300円)

 

玉子焼き自体は中にチーズとかコーンも入っており割と甘めの味付けです。

 

ちなみに注文の際は中国語を使わずに「たまごやき・めんたいこ」と日本語で通じます。

 

 

 

他にもソフトシェルな蟹の唐揚げとかもあります。
f:id:SteveKaufmann:20180527003041j:image

脱皮したての蟹なので殻ごとバリバリと食べることができます。

 

隣にはイカやエビもあります。

 

値段はどれも70元(280円)でした。

 

 

 

あまりにも暑い(5月で気温33度)ので冷たいものを食べることに。


f:id:SteveKaufmann:20180527003028j:image

台湾の名物であるインスタ映えするかき氷を食べることにしました。

 

店員さんが可愛い。

 

台湾の女の人って気温が高いからかホットパンツの人が多いんですよね。

 

すごく尊いです。


f:id:SteveKaufmann:20180527003024j:image

マンゴーのかき氷160元(約600円)

 

写真だとわかりにくいのですがめっちゃ量も多いです。

 

マンゴーとか丸々一つ入っています。

 

このインスタ映えするかき氷を男二人で完食しました。

 

 

 

とまあ、饒河街夜市では無茶苦茶人は多かったのですが様々な屋台での料理を見ることができました。

 

いろんな種類の料理を食べてみたい気持ちはあったのだけど基本的に一つの量が多いのですぐお腹いっぱいになっちゃうんだよね・・・

 

まあ、まだ機会はあるので色々と挑戦していきます。

 

饒河街夜市は松山空港も近いので、もしこちらから来られるのであれば外せない観光スポットと言っても過言ではないでしょう。