為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

台湾に2週間ほどいてかかった費用を公開する

こんにちは。こましんです。

 

5月25日から6月6日まで台湾におりました。

 

f:id:SteveKaufmann:20180606010114j:image

 

本当は18日くらいまでいる予定だったのですが諸事情により短縮をしましたがそれでも2週間というのは単純に観光だけするには長い期間だったのではないでしょうか。

 

せっかくなのでこの2週間でかかった費用などをまとめてみようと思います。

 

 

 

航空券代

往復 32600円 

 

航空会社はPeachを利用しました。

 

Peachの海外旅行保険にも一応加入したのでその分高くなっています。

 

あとは今回はギターを荷物に追加してるのでその分の値段も取られています。

 

それらが無ければ3万円は切れましたね。

 

結果論ですがギター持ってこなくても良かったな・・・

 

 

 

生活費

食費や交通費と項目を分けようと思ったのですが記録していなかったのでざっくりと。

 

最初に空港で持っていた人民元を4000台湾元にしました。

 

交換レートも含めると1台湾元が4円ほどなので約16000円くらいでしょうか。

 

ただ途中で足りないと感じたので海外キャッシングで4000元追加しました。

 

そんなわけで使用した金額の累計は8000元=32000円になります。

 

ただ今回の旅では台北から高雄間に移動したり、ライブやセッションなどで使っています。

 

あとは九份に行ったり、猫空のゴンドラに乗ったり、お土産を買ったりしていたので単純に生活するだけでしたら2週間で5000元(約20000円)もあれば十分だと思います。

 

生活コストはやはり日本より低いです。

 

例を挙げるとコンビニのペットボトルのコーラが30元(120円)ほどです。

 

飲食店などでも日本の相場の2割引くらいかなーという印象です。

 

 

宿泊費

三ヶ所に泊まりました。

 

1回目は高雄の「端谷商旅」というホテルに1泊。

これは936円でした。

 

2回目は台北の頂渓近くに2泊。

これは個室だったこともあり2泊で4011円でした。

 

そして3回目は台電大楼近くの「First Hostel」に計9泊。

クーポンの割引も効いて10256円でした。

 

計12泊しましたが料金の合計は15203円でした。

 

First Hostelの居心地が最高だったので台北にいる間はまとめちゃえば良かったなぁ。

 

結果論ですが。

 

次回、もしまた台北に長期滞在するのであればFirst Hostel一択ですね。

 

 

www.stevekaufmann.xyz

 

 

まとめ

今回はカードでの買い物はしなかったので上に挙げた金額のみを計算すると79803円でした。

 

台湾元を4円と切り上げ計算をしてるのでもうちょっと低くなると思います。

 

2週間ほど生活して多少遊んでこのくらいの金額です。

 

この間もクラウドワークスで仕事はしていたので稼ぎは日本にいた時と同じくらいです。

 

2週間と短期間なのでいざ費用の累計を出してしまうとお得さを感じないのですがこれがもっと長い滞在になれば安く感じてくるかな。

 

宿泊費も日本で賃貸に住んで家賃や光熱費を払うよりは安く済んでいますしね。

 

日本人はビザ無しでも90日間台湾にいることができるのでいずれ本当にフリーランスとして行きてくことになれば台湾で3ヶ月くらい生活するってスタイルも視野に入れたいですね。

 

www.stevekaufmann.xyz