為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

台湾の100元激安散髪屋で髪を切って(剃って)きました。

こんにちは。こましんです。

 

5月中旬から中国に滞在し、その後で2週間くらい台湾に滞在しています。

 

その間は髪も髭も何も手入れせずに伸ばし放題です。

 

髪は4月の初頭に美容院に行ったのですがそろそろ結構伸びてきました。

 

さらには台湾は暑いので髪が長いと煩わしい。

 

そんでもってこれから日本に帰ったら夏がやってくるわけです。

 

というわけでさっぱりしてしまおうと思い、散髪屋に行こうと思い立ったのです。

 

せっかくであれば「海外で散髪をする経験もしてみたい!」ということで台湾の散髪屋に行くことに決めたのです。

 

髪を切る前

f:id:SteveKaufmann:20180604160612j:image

 

4月に切ったのでそこまで伸びてはいないのですが少し前髪が煩わしくなってきました。

 

髪の量も多いので放っておくとすぐボサボサになってしまいます。

 

うん、めんどくさい。

 

 

散髪屋に向かう

ひとまずホステル近くで探そうと思い台電大楼駅のすぐ近くで散髪屋を探してみました。

 

すると目立つ看板が。

f:id:SteveKaufmann:20180604164510j:image

日本でも1000円カットなるものがあるのですがこちらでは100元(約400円)です。

 

近隣のお洒落な美容室はシャンプーとカットで500〜700元でしたので、それと比べると破格です。

 

ひとまずお店に入ります。

 

店内は撮影禁止だったので写真は撮っておりません。

 

店員さんは英語が通じなかったので片言の中国語で頑張る。

 

日本の1000円カットと同じように自動販売機にお金を入れて券を買います。

 

お釣りはなく100元札しか受け付けていなかったので近くでお金を崩しました。

 

 

注文をする

髪を細かく注文する中国語は多分できないので写真を用意することにしました。

 

用意した写真はこちら。

 

f:id:SteveKaufmann:20180604155253j:plain

出典:www.hdrank.com

 

室伏広治さんです。

 

この坊主スタイルならどこで切っても間違いは起きないだろう。

 

ということでスマホにこの画像を用意していたので店員さんに見せます。

 

トップはサイドより長めなのね見たいなことを言われたと思います。

 

その後10分ほど経って散髪完了です。

 

 

 

髪を切った(剃った)後

f:id:SteveKaufmann:20180604164450j:image

 

ひとまず、さっぱりしました。

 

中国人の彼女に写真を送ったら「台湾人ぽい」と言われました。

 

ポイントがわからん・・・

 

とりあえず、肌が汚いですね、もうちょっとケアをする必要性を感じます。

 

 

まとめ

初めて海外で髪を切ってみたのですが基本的な点は日本と変わらないですね。

 

ただやっぱり細かい注文は中国語ができないと難しいので髪にこだわるのであればやっぱり日本の散髪屋とか美容院に行った方が良いと思いました。