為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

Youtubeのおすすめ教則動画(ジャズ・フュージョン編)

f:id:SteveKaufmann:20181124055125p:plain

先日、昔の生徒と話す機会があったのですが最近の高校生ギタリストは教則本はおろかバンドスコアもほとんど買わないそうです。

 

というのもほとんどの楽曲を「U-フレット」または「Youtube」の教則動画で練習するとのこと。

 

時代は変わったなーと思いつつも自身も現在海外にいるため教則本などが手に入らずYoutubeを使って練習する日々です。

 

そんなわけで今回は自身がよく観ているYoutubeの教則動画を紹介していこうと思います。

 

 

1.Guitar Lesson TV

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

フュージョン系のリックが中心となって紹介されています。

TABもあるし遅い速度での模範演奏もしてくれるので非常に良く観るYoutubeチャンネルの一つです。

動画の数も多いし、一つ一つのクオリティも高いのでとても良い教則チャンネルです。

ただ解説のようなものがないのでどうしてその音なのかとかそのスケールがなんなのかというのがありません。

「ある程度理論がわかる人」か「とりあえずカッコいいリックを覚えたい」という人向けです。

 

2. Jazz guitar licks

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

こちらはジャズのリック中心のチャンネルです。

ツーファイブやドミナントなどのお約束リックをはじめとしてウェス・モンゴメリやケニー・バレルなど実際のギタリストのリック動画もあるのでジャズのリックを増やしたい人にはもってこいのYoutubeチャンネルです。

ただこちら解説のようなものがないので「ある程度理論がわかる人」か「とりあえずカッコいいリックを覚えたい」という人向けです。

 

というよりそもそもジャズやフュージョンというジャンルの特性上全部中級者以上向けかもしれない・・・

 

 

3. The Jazz Guitar Channel

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

こちらもJazz中心のYoutubeチャンネルです。

先ほどのチャンネルがリック中心だったのに対してこちらは楽曲に焦点を当てた動画が多くなっております。

解説が英語となってるため多少の英語力が必要となりますがちゃんと楽譜も表示されるので英語がわからなくても非常に勉強になる動画です。

 

 

 

 

 

 

 

こうやって模範演奏をすぐ聴くことができるYoutubeというツールができた現代はミュージシャンにとって楽な時代になりましたね。

もちろん、情報過多な部分もありますので良いものを探していくのが大変にはなりましたが上手にこういったツールと付き合っていきたいものですね。

 

ぼくももっと練習します!

ではでは!