為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

派遣前訓練34日目 試験結果

本日の語学の授業では昨日行った中間試験の結果が早くも返却されました。

 

リスニング・スピーキング・ライティングの三つだったのですが全て合わせて7割5分という結果でした。

 

正直言うとあと1割は取れたものがあったなとは思うのですがこれも実力です。

 

派遣取り消しになるような点数ではないけど満足ができる得点では決してありません。

 

昼休みには担当のフセイン先生と一人ずつ中間試験の結果を元に面談を行いました。

 

話た内容の要約としては「シハーブ(ぼくのアラブ名)は成長してるし、語学のセンスも感じる。でももっと努力できるんじゃないか?」という感じでした。

 

自分自身でもまだまだ努力する余地はあるし、これが自分の本気かと問われたらまだまだできるはずなので今日から気持ちを入れて頑張ってます。

 

というわけでちゃんと毎日の復習と予習と宿題は必ずした上で自身の弱点を埋めていきます。

 

今日の授業はライサ動詞とカーナ動詞でした。

 

f:id:SteveKaufmann:20180807223108j:image

 アラビア語ではbe動詞にあたるものがなく「名詞と形容詞」または「名詞と名詞」で文ができてしまいます。

 

英語ではbe動詞にnotをつけることで否定を表しますがアラビア語では否定をするときにはライサという動詞を使います。

英語ならnotの一語で済みますがアラビア語はそのライサの活用を覚えなくてはいけません。

 

また主語が先に来るか前置詞句が先に来るかでも活用が変わってしまうのでなお厄介です。

 

カーナ動詞はいわゆるbe動詞の過去形なのだけどそれだけではなく未来も表すことが出来たり、後ろに動詞の現在県を足すことでused toの意味になったり様々な使い方があるのでそれも理解していかなくてはいけません。

 

先は長いです。

 

今晩はこの二つの動詞と15個ぐらい一般動詞を覚えてから眠ります。