為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

ゆうちょ銀行でフリーランスの仕事用口座を作ってきた

f:id:SteveKaufmann:20180419160533j:image

 

もうすぐ4月も終わりですね。

 

フリーランスとして仕事を始めてからもうすぐ一月が経とうとしています。

 

クラウドワークスは毎月15日と月末が締めになっています。

 

クラウドワークスの場合銀行への振込手数料も高いのでぼくは15日はキャリーオーバーさせて月末のみを締めにすることにしました。

 

その方が次々のお金の流れも把握しやすいので。

 

お金の流れということを把握するという点で普段使っている口座だけではなく仕事用の口座を作ることにしました。

 

 

フリーランス用口座を作る理由

なぜ今まで使ってた口座とは別に口座を作ったかというと理由はいくつかあります。

 

1. 収入の状況をわかりやすくするため

おしごとによる収益を把握していとあらゆる計画が立てられなくなるため、いわゆる収入の部分を明確にします。

 

一つの口座でプライベートと仕事を混ぜていると、様々なクライアントから入金を受けた場合、とても分かりづらく、どこまでは会社の経費なのか、どこからが生活費にあてるべき部分なのかがわかりにくくなります。

 

そのため「仕事用の口座=収入」という状態にします。

 

2. 会計管理をわかりやすくするため

これによって引き出す際も「経費」なのか「生活費」なのかを分けて引き出すことにします。

 

月々の自分に対する「給与」を決めておいてそれを引き出す形にしていきたいですね。

 

ちゃんと稼がねば・・・

 

あとはいずれ青色申告をすると複式簿記の記入が必要となるのでお金の移動がわかりやすい方が後々楽でしょう。

 

3. 税金関連をわかりやすくするため

もしかすると税務調査とかもありますからね。

 

その時に口座がプライベート用と混在していると面倒なことになりそうです。

 

できるだけ面倒は避けたいのでお金の流れはわかりやすくしておきます。

 

 

 

ぼくが「ゆうちょ銀行」にした理由

 

1.  みんな持ってるから

 

みんな持っているって一番の利点だと思うんですよね。

 

振込の際に手数料が少なくなったりするので。

 

2. 「ゆうちょダイレクト」で口座の確認がいつでもできるから

 

今、インターネットで口座確認できる銀行はいっぱいありますけどね。

 

インターネットで振込を確認して、すぐに業務に入れるようにしたいと思っていました。

 

3. 振替口座であれば「屋号」で登録できる

今回ぼくは利用しなかったのですがゆうちょ銀行の振替口座は本名ではなく屋号で登録ができます。

 

いずれ大きく仕事をする際には検討の余地がある事項だと思います。

 

 

 

 

さてさて、そんなわけでせっかく作ったこの口座にいっぱいお金が入るようにこれからお仕事頑張って行きます!

 

お仕事のご依頼お待ちしております!

 

www.stevekaufmann.xyz