為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

30歳になってショットワークス使って日雇いバイトをしてみた話

早速ですが。

 

お金がない。

 

もちろんクラウドソーシングで仕事はしているのだけれども都合上振込は基本的に来月になってしまいます。

 

というわけで日銭を稼ごうと日雇いバイトなるものに挑戦していきました。

 

 

まずは仕事を探す

仕事を見つけるためにネットで検索しました。

長期のアルバイトでは無く1日限りのバイトを探していたので短期バイトを探せるショットワークス というサイトを利用しました。

 

 

このサイトは短期・単発バイトに特化しているので、それこそ「今日の夜勤」や「明日の日勤」を探すことができます。

 

お金に困ってるタイミングで速攻で探せるのはありがたい!

 

 

早速仕事に応募する

自分の最寄駅の沿線と今日明日でソートをかけて仕事を探します。

 

するとたくさん出てきますので何件かチェックして応募します。

 

ショットワークスの良いところは複数応募していても仕事が決まるとダブルブッキングにならないようにサイトの方でキャンセルをしていてくれる点です。

 

これによって複数応募ができるので確実に仕事を見つけることができます。

 

 

 

早速仕事に行ってみた

初回ということで派遣会社の登録がありました。

 

履歴書と印鑑と身分証明書だけ持って事務所に行きます。

 

簡単な誓約書などを書いてあとはそのまま現場に向かう形です。

 

 

 

早速仕事に取り組んでみた

社員さんの送迎にて現場に到着。

 

今日のお仕事は飲料の倉庫でダンボールに入った飲料をひたすらフォークリフトに運ぶためのパレットに積むお仕事でした。

 

この作業を22時から朝の7時まで延々としていきます。

 

ダンボールには500mlの飲料が24本入ってたりするので大体12kgの重さになります。

 

これを延々と休憩を挟みながらもやっていきます。

 

脳味噌は全く使いません、単純作業です。

 

途中から腰が悲鳴をあげていたよ・・・

 

 

 

仕事終了

午前7時になり勤務終了です。

 

この日の日給は大体10,000円ちょっとでした。

 

現地解散で家に帰ることになるのですがこういった倉庫ってちょっと郊外にあるので駅から結構遠いんですよね・・・

 

 

 

感想

20歳くらいの頃はこういった日雇いバイトをよくやっていたのですが、30歳になってやってみると体力の衰えを感じます。

 

でもちょうどダイエット中でもあるので体を鍛える一環として筋トレ代わりに週に2、3回やるのも悪くないなーと思いました。

 

あと、身体的には中々しんどかったですけど、精神的には非常に楽な仕事でした。

 

どうやら働くことそのものは僕はあまり嫌いではないようです(笑)

 

 

【あわせて読みたい】 

www.stevekaufmann.xyz

 

www.stevekaufmann.xyz