為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

「音楽」、「語学」、「旅」と雑多なブログです。日々発信していきます。

クラウドソーシングを始めたので「無職」ではなく「フリーランス」を名乗ることにした

早速ですがタイトルの通りです。

 

3月末日で学校教員を退職したのですが、流石にお金は稼がんと生きていけんということで何かしらの仕事をすることにしました。

 

まずは楽して稼ごうと思って治験のボランティアに応募をしてみたのですが事前検診で門前払い・・・

www.stevekaufmann.xyz

 

普通のアルバイトをすることも考えたのですが3ヶ月という短期間だし、せっかくなら自分のスキルを活かしたり伸ばしたりできるといいなと思ってクラウドソーシングに手を出しました。

 

そこでクライアントの人に連絡する時に「無職なので時間の融通は利きます」というと印象が悪いと思ったので「フリーランスなので時間の融通は利きます」というようにしました。

 

というわけでこれからはフリーランス名乗っていきます!!!

 

 

使っているサイト

crowdworks.jp

 

大手のクラウドワークス を使うことにしました。

 

メルカリでもそうだったのですが大手だと手数料があるけれども結局使う人が多いってことはそれだけ案件があるってことなんですよね。

 

ということは単価が安くても仕事が無ければ何も始まらないということで大手を使用しました。 

 

仕事のジャンル

基本的には

 

・翻訳

・採譜

・ライティング

 

のジャンルの仕事を取っています。

 

自分のスキルでできるし、もし難しい案件に当たっても自分の成長になりますし。

 

翻訳なんかは自分が今まで触れてこなかったような英文も読むことができるので非常に楽しいです。

 

ライティングの仕事の方が量としては多いのでこの機会に書くスキルも身につけることができればなぁとか思っています。

 

クラウドソーシングの利点

・仕事を選べる

自分で選んで仕事をするのでやりたくない仕事をすることがありません。

つまり、仕事に対してのストレスがとても少ないです。

 

・好きな時に、好きな場所でできる

基本的にはパソコンを使ってする仕事がほとんどなので自分の好きな時間に仕事ができます。

もちろん場所も問わないので電車の中やカフェの中でも仕事をすることができます。

採譜だけはさすがに楽器無いと難しいけど。

 

クラウドーソーシングの欠点

・単価安い

時間対費用考えたらやっぱり普通にバイトした方が割りはいいです。

でも通勤もないし待機時間も無いので考えものです。

今はまだ慣れてないから一つの案件にかかる時間が長いけど、慣れてくればもうちょっと割りは良くなるのかな。

 

おわりに

まだ一週間も使ってないので何とも言えないところはあるのだけど、ギリギリ生きていく分には稼げるんじゃ無いかなーと感じました。

 

せっかく自由な時間が取れるのにバイトに拘束されるのは勿体無いということでチマチマ小金を稼ぎつつ好きなことをやっていたいと思います!

 

ではでは!