為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

青年海外協力隊の音楽隊員として中東のヨルダンに向かう元音楽教師ギタリストが「音楽」、「語学」、「旅」のことを書き連ねるブログ

宮城県気仙沼の安くて美味しい港町の風情を感じさせる居酒屋『ピンポン』

つい先日、東京から友人が気仙沼まで遊びに来てくれました。

レンタカーを借りて南に北に観光をした後で夜はどうするかとなります。

 

さて、気仙沼を代表する居酒屋といえば、と考えた時、一番最初に思いついたのは南町にある居酒屋『ピンポン』でした。

f:id:SteveKaufmann:20180309160958j:image

 

いつも混雑するのは知っているので17時に開店と同時に入店しました。

 

f:id:SteveKaufmann:20180309160027j:image

初めて人がいないこのお店を見ました(笑)

 

まずはビール(350円)

f:id:SteveKaufmann:20180309170453j:image

 

から刺身の盛り合わせ(1000円)

 

f:id:SteveKaufmann:20180309160055j:image

気仙沼に来るまで秋刀魚の刺身を食べたことがありませんでした。

だって、秋刀魚ですよ!

焼くのが王道だと思うじゃないですか!

でも、刺身にするとまた格別なのです。

 

 

ホヤ(500円)

気仙沼のゆるキャラ「ホヤぼーや」の元にもなってるホヤです。

f:id:SteveKaufmann:20180309160109j:image

 好き嫌いが分かれる味だとは思うのですがぼくは大好きです。

っていうかビールや日本酒を飲む人であれば好きになる味だと思います。

 

モウカの星(500円)

サメの心臓です。

鮮度が落ちやすいのでこの味はここでしか食べられません。

f:id:SteveKaufmann:20180309160131j:image

 

エラミ刺(400円)

マグロの頰になります。

これも普段は中々食べれない一品。

トロよりコリコリしてます。

f:id:SteveKaufmann:20180309160147j:image

 

チン刺(350円)

f:id:SteveKaufmann:20180309173109j:image

チンとは心臓の弁の部分だそうです。

コリコリしてる。

 

 

 

他にも色々あるけど、どれも新鮮でとても美味しい。

たくさん飲み食いして一人3000円は超えませんでした。

 

価格競争が少ない気仙沼ではどの居酒屋もあまり安い価格で飲める居酒屋は少ないのですが『ぴんぽん』では非常にリーズナブルな価格で飲むことができます。

他の居酒屋だと安くても1杯500円は超えるからなぁ・・・

 

しかも、魚介類はほんっとに美味しいの!!!

東京でコレ食べたら1000円くらい取られるよって美味しさ。

ぼくは元々魚介類って苦手だったのですが気仙沼に来てからというものすっかり虜にされてしまいました。

 

 

ぜひ、気仙沼にお越しの際は足を運んで見てください!

 

ぴんぽん
ジャンル:居酒屋
アクセス:JR大船渡線気仙沼駅 徒歩18分
住所:〒988-0017 宮城県気仙沼市南町1-2-3(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 気仙沼・南三陸×居酒屋
情報掲載日:2018年3月9日