為せば成る、為さねば成らぬ、何事も

「音楽」、「語学」、「旅」と雑多なブログです。日々発信していきます。

基礎から学ぶ音楽理論 6.マイナー・スケールとマイナー・ダイアトニック・コード

前回はいわゆる「ドレミファソラシド」の音階であるメジャー・スケールとそのスケールから出来上がるメジャー・ダイアトニック・コードについて学習しました。

www.stevekaufmann.xyz

非常に明るい響きを持つメジャー・スケールでしたが今回はそれと対照的に少し切ない響きを持つマイナー・スケールを取り扱います。

 

マイナー・スケールには「ナチュラル・マイナー・スケール(自然的短音階)」、「ハーモニック・マイナー・スケール(和声的短音階)」、「メロディック・マイナー・スケール(旋律的短音階)」の三種類があります。

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203340j:plain

 

 

それではその成り立ちとそこから出来上がるダイアトニック・コードを見ていきましょう。

 

 

 

 

ナチュラル・マイナー・スケール

メジャー・スケールを展開して6度をトーナル・センターとする、言い換えればメジャースケールを第6音から始めるとナチュラル・マイナー・スケールが出来上がります。

 

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203410j:plain

 

以前の記事でも書きましたがメジャー・スケールとマイナー・スケールの比較は1度と6度で行わずに同一トーナルセンター上で比較した方が差異を確認できますので基本はCマイナーのキーで説明をしていきます。

 

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203419j:plain

 

ハーモニック・マイナー・スケール

先のナチュラル・マイナー・スケールはトーナル・センターに向かって全音下方からの解決になるのでCマイナー・スケールはCメジャー・スケールと比べてスケールを上昇した際のC音の終始感が弱くなります

 

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203431j:plain

 

そのため第7音とトーナル・センターとの間を半音程とし、終始感を強めたスケールが出来上がります。

この長7度の音はトーナル・センターに半音で繋がり、終止を導く音なので導音(Leading tone)と呼ばれます。

導音を含んだこのスケールはドミナントの和声がⅤ7となりハーモニック・ケーデンスが形成されるので、和声的短音階=ハーモニック・マイナー・スケールと呼ばれます。

 

ケーデンスに関しては次回の記事で扱います。

 

 

メロディック・マイナー・スケール

先のハーモニックマイナーの短6度と長7度の音程は増2度であり、これは音階的に歌い辛くなります。

そのため6度をさらに半音上げて長6度としたスケールが出来上がります。

このスケールはメロディー・ラインの歌いやすさを考慮したスケールであるので旋律的短音階=メロディック・マイナー・スケールと呼ばれます。

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203431j:plain

 

メロディック・マイナー・スケールは下降系で用いるとメジャースケールに近くなってしまいます。

そのため過去ではメロディック・マイナー・スケールの下行系ではナチュラル・マイナー・スケールを用いるという説が使われていました。

ピアノをやっていた方であればハノンのスケール練習を思い出していただくと良いでしょう。

f:id:SteveKaufmann:20171102203427j:plain

 

 

ですがポピュラーミュージックにおいてはメロディック・マイナー・スケールは上行系も下行系も区別なく使われていることが多いです。

 

 

 

マイナー・ダイアトニック・コード

それでは三つのマイナー・スケールにスケール内の音を三度ずつ堆積させた4和音を作ります。

すると以下のように21個のコードが出来上がります。

 

f:id:SteveKaufmann:20171102203321j:plain

 

 

しかし、この21個の中には重複しているものとメジャー・ダイアトニック・コードに属さなければいけないコードもあるのでそれを省くと以下の14個がマイナー・ダイアトニック・コードとして扱うことができます。

 

Ⅰm7、Ⅱm7(b5)、bⅢM7、 Ⅳm7、Ⅴm7、bⅥM7、bⅦ7

ⅠmM7、bⅢ+M7、Ⅳ7、Ⅴ7、Ⅵm7(b5)、Ⅶdim7

Ⅰm6(Ⅵm7(b5)の転回形のため)

 

 

コードの機能となりますがマイナー・ダイアトニック・コードに関しては前回メジャーで扱ったトニック(T)、サブドミナント(SD)、ドミナント(D)の他にサブドミナント・マイナー(SDm)ドミナント・マイナー(Dm)という機能が存在します。

また、マイナーにおいてはトニックではなくトニック・マイナー(Tm)という名前で取り扱います。

 

以下に分類を示します。

Tm …Ⅰm7、ⅠmM7、Ⅰm6、 bⅢM7、bⅢM+7、Ⅵm7(b5)

SD … Ⅳ7

SDm … Ⅳm7、Ⅱm7(b5)、 bⅥM7、bⅦ7

Dm … Ⅴm7

D … Ⅴ7、Ⅶdim7

 

 

まとめ

今回と前回でメジャー・スケールとマイナー・スケールにおけるダイアトニック・コードを見てきました。

次回はダイアトニック・コードの機能についてのお話をさせていただきます。

www.stevekaufmann.xyz

 

 

 

新版 ギターコード パーフェクトマスター

新版 ギターコード パーフェクトマスター